肝斑を根本的に解消するには?

肌に出来るシミは女性の大敵で、何とかしたいと考えている方も多いと思います。
でもただの”シミ”ならばまだしも、肝斑となると事態は深刻です。
美白の化粧品やサプリを使ったからとは言え、簡単に治るものではありません。
では肝斑とは一体どういうものなのか、また肝斑の対策についても取り上げます。

肝斑って何?肝斑について学ぼう

肝斑とは頬骨や目尻の下に現れるシミのことで、30歳〜40歳代によく見られます。
肝斑は左右対称に出来るのが特徴で、時期によってシミの色が変わる特徴があります。
更に妊娠経験があり、日頃から強いストレスを感じて生活しているのならば、肝斑で間違いないでしょう。
ただし思春期に現れるそばかすや、年齢を重ねた為に出来たシミである老人性色素斑とはまた別物です。
肝斑ではないのにも関わらず、肝斑対策を行っても効果は無いので要注意です。

肝斑の原因

肝斑が出来てしまう原因として挙げられるのが、女性ホルモンにあると言われています。
シミの原因としてよく言われているのが紫外線ですが、肝斑は紫外線ではなく体そのものが原因となっているのです。
ただし肝斑と紫外線は無関係とは言うものの、紫外線対策を怠ると悪化する恐れがあります。
肝斑があっても無くても、肌の為にも紫外線対策はしっかり行うようにしましょう。

肝斑を一時的に隠すならコンシーラー


ただ紫外線対策をしっかり行っていたとしても、肝斑が今すぐに消える訳ではありません。
肝斑を何とか隠す為にも外出する際には、厚化粧をしてしまう方もいらっしゃるかと思います。
でも厚化粧をしてしまうと、肝斑は余計に目立ってしまいます。
そこで登場するのが、コンシーラーです。
コンシーラーと一言で言っても色んな種類がありますが、肝斑であれば広範囲をカバー出来るスティックタイプがおすすめです。
肝斑の部分にコンシーラーを薄く乗せて、パウダーファンデーションで仕上げれば綺麗に隠すことが出来ます。
コンシーラーのカバー力は強いので、薄く付けても肝斑は隠れるので大丈夫です。

肝斑は根本的な部分から直しましょう

でもコンシーラーで肝斑をカバーするのは、一時的な処置に過ぎません。
メイクは肌に負担がかかるので、下手をすれば悪化する恐れもあります。
肝斑を何とかするには、根本的な部分をしっかりと治す必要があるのです。

肝斑が出来る原因が体の中にあるので、体調をしっかり整えるのが1番の特効薬です。
栄養バランスの取れた食事を常に心がけ、ストレスを上手く解消するようにしましょう。
肌の話ではなく健康の話みたいになってしまいましたが、綺麗になる1番の近道は「健康」そのものにあるのです。