肝斑には漢方が効果的!?

お肌に起こってしまう悩ましい肌トラブルの一つに、肝斑があります。
肝斑はシミの一種であり、なぜ肝斑が発生してしまうのか、原因がわかっていない症状となります。
頬に左右対称でできてしまい、かなり目立ってしまいます。
肝斑によって悩まされている方も多いのではないでしょうか。

肝斑は医療機関を受診して、医師の判断により適切な治療を行うということが特に大切なポイントになります。
人それぞれの肝斑の症状が違うという特徴があるんです。
肝斑によってある治療法が効く場合もあれば効かずに逆に悪化させてしまうというようなケースもあるんですね。
ですので医師の適切な判断の元、適切な治療法で治療を行うことが大切です。

そんな肝斑の症状において、漢方が効果的であるということも耳にしました。
実際はどうなのでしょうか。
本当に肝斑に対して漢方が効くのでしょうか。

肝斑には漢方が効果的?

まずは肝斑の原因を知ろう


肝斑の原因は不明ではありますが、そのできた時の状況などから人それぞれ様々な原因があると考えられます。
そして考えられるとされる原因がホルモンバランスの乱れ、ストレス、紫外線といったことがあげられます。
ですので場合によっては漢方を飲むことで改善することを期待できるケースもあるようなんですね。
あくまでも人によってケースは違いますので、効果があるかどうかは必ずかかりつけの医師に相談するようにしてくださいね。

肝斑が起こる原因として女性ホルモンバランスの乱れがあげられています。
ですのでそこで、女性ホルモンバランスの乱れが原因として考えられる場合ではホルモンバランスの調整、血行改善といった効果を持っている漢方薬がおすすめになります。
そういった効能を持っている漢方薬を飲むことによって、肝斑を改善させることができる可能性があります。

オススメの漢方薬

その1.加味逍遙散

例えば例として挙げることができる漢方薬にまず、加味逍遙散があります。
この加味逍遙散という漢方薬には乱れてしまっているホルモンバランスを整えてくれるという効能があります。
また血流改善効果も持っています。
ですのでこの血流改善効果によってお肌のターンオーバーを促進してくれて、乱れたターンオーバーの正常化につながり、改善することができるかもしれません。

その2.桃核承気湯

また桃核承気湯という漢方薬もお勧めです。
桃核承気湯はホルモンバランスを整えてくれますし、また痛みの緩和効果も持っています。
ですから月経不順や月経痛で悩んでいる方に対しても高い効果を発揮することができます。