アットノンはニキビ跡に効果あり?

アットノンは傷跡だけでなく、ニキビ跡にも効果があるとの噂があります。
アットノンはドラッグストアに行けば簡単に手に入るので、もし本当に効き目があるのならば試してみたいものです。
そこでアットノンは本当にニキビ後に効果があるのか、またアットノンの使い方についても探ってみたいと思います。

SNSを覗いてみると、アットノンをニキビ跡に使用し本当に効果が出た人はいらっしゃるようです。
中には薬剤師にすすめられて使った方もおり、実際にニキビ跡が跡形もなく消えたと投稿している方もいました。
更には本当に効き目があるのかどうか、自分自身の体を使って実験した強者もいます。
強者はアットノンを1ヶ月の間使い続け、見事にニキビ跡は綺麗サッパリ消えたと報告していました。

どうしてアットノンでニキビ跡が消えるの?

では何故アットノンを使用すると、ニキビ跡は消えてくれるのでしょうか。
鍵となるのが、「ヘパリン類似物質」と呼ばれる物質にあります。
ヘパリン類似物質とは元々は人間の肝臓にある物質で、水分を保ち血行を良くする働きがあります。
皮膚科でもらえる保湿ローションにも「ヘパリン類似物質」は含まれており、使い続ければどんなに荒れた肌もたちまち健康的な肌へと生まれ変わります。
だから肌が荒れてどんな化粧水でも効かないというのならば、皮膚科でヘパリン類似物質が含まれている美容液を処方してもらっても良いかもしれません。
ちなみに保険適用内となっています。

注意!アットノンは顔の使用NG


しかしアットノンを販売している製薬会社では、顔の使用は禁止されています。
製薬会社は顔での効果を確かめていないので、顔での使用は絶対に安全であるという保障が出来ないのです。
本来は、体に出来た傷跡を治す為に作られた塗り薬です。

使用は自己責任の元で!

もし顔にアットノンを使用する際には、自己責任の元で使うようにしましょう。

ただアットノンを顔に使ったからとはいえ、副作用で酷い目に遭ったという話は聞きません。
市販されている塗り薬なので、副作用が起こる可能性はかなり低くなっています。
しかし「絶対に副作用が起きない」と言っている訳ではないので、十分に注意して下さい。

肌に大切なのは生活習慣の見直し

でもアットノンを使ってニキビ跡が綺麗に消えたとしても、ニキビが出来やすい生活を送れば、本当の意味での美白にはなれません。
肌を綺麗に若々しく保ちたいと考えているのならば、普段からの予防が重要になります。
薬を使って肌を整えるのも良いのですが、ご自身の生活習慣を見直し肌に良い生活を送るように心がけるようにしましょう。