皮膚科で治療出来るニキビ跡の赤み

ニキビ跡の赤みは、皮膚科で治療することが出来ます。
皮膚科で治療となるとお金がかかるのではと思われるかもしれませんが、保険適用の治療もあるので問題ありません。
では皮膚科ではどのような治療が行われるのか、探ってみたいと思います。

レーザー治療

ニキビ跡の赤みを治療する代表的な方法の1つとして挙げられるのが、レーザーです。
レーザーを使い皮膚にダメージを与えることで、ターンオーバーを促します。
ニキビ跡は症状によっては、皮膚の奥まで浸透しており、市販の薬や化粧品だけではどうしようもありません。
でもレーザーであれば皮膚の奥まで届くので、どんなにひどい状態になっても治療を続けていれば綺麗に治るという訳です。

レーザー治療には副作用もある

ただレーザー治療には、副作用があるのも事実です。
でも副作用により多少の傷みや火傷を負うことはありますが、生命を左右するような事態にはならないので大丈夫です。
どうしても心配だというのならば、担当の皮膚科医に必ず相談するようにして下さい。
ちなみにレーザー治療は保険適用外になるので、お金は少々かかります。

塗り薬や内服薬で治す


ニキビ跡の赤みは、塗り薬や内服薬で治すことも出来ます。
薬の種類にもよりますが、保険適用内のものもあるので、財布にも安心です。
そこで保険が適用される薬の中から、よく処方されるものについて取り上げます。

塗り薬の場合

塗り薬の場合は、肌のターンオーバーを促す塗り薬がよく処方されます。
合わせてニキビの発生を抑制する働きもあるので、効果はかなり高いです。
ただし効き目が強いからこそ、副作用も覚悟はしておきましょう。
人にもよりますが赤みが酷くなりヒリヒリする場合があるので、副作用が出れば担当医まで相談するようにして下さい。

内服薬の場合

内服薬の場合、主にビタミン剤が処方されます。
またニキビ跡の治療というのならば、美白効果のある薬が使用されることもあります。
ビタミン剤は値段も安く副作用もほとんどありませんが、美白効果のある薬の場合は注意が必要です。
副作用の症例は少ないものの、「絶対に大丈夫」とも言い切れないのです。

皮膚科に行く時は医師に症状を詳しく伝えることが大切です

ただ皮膚科でニキビ跡による赤みを治そうと思っているのならば、医師に症状等を伝えることが大前提です。
皮膚の状態を見ればある程度の症状は分かるものの、治療の際には更に詳しい情報が必要となります。
ニキビだけに限った話ではなく、他の病気でも同じことが言えます。
詳しい情報を伝えないまま治療を行うと変に悪化する恐れがあるので、皮膚科に行く時は医師に症状をなるべく詳しく伝えるように心がけて下さい。