お尻に出来た色素沈着やニキビ跡を消すには?

人には滅多に見られない部分と思われるかもしれませんが、想像しているよりもかなり見られている場所は何処でしょうか。
答えは「お尻」です。
誰にも見られないからと、お尻のケアを変に怠ってしまうと大変な目に遭ってしまいます。
特に注意をしたいのが、ニキビ跡と色素沈着です。
かなり目立つので、周りからの注目度は自然と高くなります。

ではどうしてお尻にニキビが出来てしまい、ニキビ跡が残ってしまうのでしょうか。

お尻にニキビができる原因とは?

お尻にニキビが出来る原因として挙げられるのが、汚れそのものです。
お尻は綺麗にしているつもりでも、目に届かない場所にあるので、どうしても汚れは残ってしまいます。
残った汚れが蓄積されると雑菌が繁殖し、ニキビになるという訳です。

清潔過ぎるのも実はNG

ではお尻にニキビが出来ないようにするには、念入りに綺麗にすれば良いのかと問われると、答えは「NO」です。
お尻のニキビ予防には清潔さが1番ですが、清潔過ぎてしまうのもニキビの原因となるので要注意です。
何故ならばニキビの原因となる雑菌は、お尻を守ってくれる大事な役割を担っているからです。
綺麗にし過ぎてしまい雑菌がいなくなると、ほんの少しの刺激でもニキビが発生してしまうのです。

お尻にニキビが発生し綺麗に治れば問題は解決ですが、残念ながら簡単に治るものではありません。
寧ろ顔に出来たニキビよりも、少々厄介なものになります。
もし中途半端にケアをしてしまうとニキビ跡として残り、色素沈着によるシミが出来てしまうこともあるからです。

お尻のニキビ跡や色素沈着をなくすには


ではどのようにしてケアをすれば、お尻のニキビ跡や色素沈着は綺麗サッパリと無くなるのでしょうか。
まずはお尻専用のピーリングクリームで、優しくマッサージを行います。
毎日ピーリングクリームを使うとお尻に負担がかかるので、1週間に1回程度に留めておきましょう。
そしてお尻を洗う時はもこもこの泡で、優しく包み込むようにあるようにして下さい。
そして通気性が高い下着を使用する等、普段からでもお尻の刺激を最小限に留めるようにします。

生活習慣でもお尻の黒ずみは改善できる

もちろん普段の生活習慣でも、お尻のニキビ跡や黒ずみを改善することは可能です。
普段から脂っこいものや甘いものを好んで食べているのならば、なるべく控えるようにします。
ストレスも溜まっているのならば、上手く解消するようにして下さい。
お尻のニキビ跡や色素沈着は、内側と外側からしっかりケアをすれば必ず治ります。
少々時間がかかるのは否めませんが、根気よくケアするようにしましょう。