ニキビ跡の色素沈着はレーザーで治る!

ニキビ跡で出来た色素沈着は、レーザーにより取り除くことが出来ます。
でもレーザーと聞くと抵抗を感じる方も多いと思いますが、そこまで心配する必要はありません。
ではニキビ跡で出来た色素沈着は、レーザーによってどのように取り除かれるのでしょうか。
またレーザー治療が受けられる機関についてもまとめてみました。

レーザー治療の仕組み

ニキビ跡の色素沈着を抑え込む方法は色々ありますが、最も効果が高いとされているのがレーザーによるものです。
仕組みは使用されているレーザーの種類にもよるので一概には言えませんが、基本的な部分に関しては同じかと思われます。
まず色素沈着の原因となっているメラニン色素に向かって、レーザーを発射します。
レーザーの光を受けたメラニン色素はどんどん薄くなり、色素沈着は無くなり元の綺麗な肌へとなるという訳です。
またレーザーの種類によっては、肌のターンオーバーを促すものもあります。

気になるレーザーによる副作用

ただ気になるのが、レーザーによる副作用でしょう。
残念ながら「副作用が全く無い」とハッキリ断定することは出来ず、人によっては赤みや腫れが出てしまうことも有り得ます。
治療する側としては十分過ぎる程に気を付けてはいるものの、「絶対」ではないのです。
またレーザーは痛みが伴うこともあり、場合によっては悲鳴を上げるほどの激しい痛みが出る場合もあります。
でも殆どの方は、痛みがあってもゴムで弾かれたようなチクッとする痛み程度なので、心配する必要はありません。

レーザー治療が受けられる機関

ではレーザー治療を受けるには、何処へ行けば良いのでしょうか。
確実な所を狙うのならば、皮膚科がオススメです。
中にはレーザー治療を専門的に承っている所もあるので、ニキビ跡による色素沈着がどうしても気になるのならば、訪れてみても良いかもしれません。
レーザーと聞くとエステを思い浮かべるかもしれませんが、エステで行っているのはレーザーではなく「フラッシュ」の方になります。
軽いシミ程度であれば取り除くことは可能ですが、ニキビ跡による色素沈着となると難しくなります。
また医学的な知識も必要となるので、医師が常駐している皮膚科に頼んだ方が確実です。

レーザー治療のまとめ


ただレーザーを受けてニキビ跡による色素沈着が完治したとしても、ニキビが発生しやすい生活を続けていれば、意味がありません。
ニキビ跡が出来る度にレーザー治療を受けては、お金の無駄になるだけです。
レーザー治療を受けつつも、自身の生活習慣を見直して改善するように心がけることも必要なのです。