ニキビ跡や色素沈着にはビタミンc誘導体が効果的

肌に出来たニキビ跡や色素沈着はとても厄介なもので、どんなに念入りにケアをしても綺麗には消えてくれません。
何とか隠すためにメイクで誤魔化している方も多いと思いますが、厚化粧になってしまうのがオチです。
ではどのようにして、ニキビ跡や色素沈着を消していけば良いのでしょうか。
鍵を握るのがビタミンc誘導体です。

ニキビ跡はどうしてできるの?

ニキビ跡が出来る原因として挙げられるのが、ニキビの傷跡です。
ニキビの症状が軽いものならば、跡形もなく綺麗に治ります。
でも赤く炎症するほどひどい状態になると、治っても傷跡として残ってしまうのです。
またニキビの症状が軽い場合でも、自分で潰してしまう等をして”刺激”を加えても、跡が残る恐れがあるので要注意です。

でも万が一ニキビ跡が出来たとしても、時間が経てば元に戻ります。
肌の再生能力はかなり強いので、多少の傷であれば跡形もなく消えてくれる筈です。
でも傷跡があまりにも酷い場合、肌の元に戻ろうとする力はより強大なものになります。
力が強大なものになると、肌にメラニン色素が発生します。
発生したメラニン色素こそが、色素沈着を引き起こしているのです。

ニキビ跡や色素沈着を消すにはビタミンc誘導体

では、肌に出来たニキビ跡や色素沈着を消すにはどうすれば良いのでしょうか。
そこで登場するのが、ビタミンc誘導体です。
ビタミンc誘導体には肌を活性化し、表に出てきたメラニン色素を薄める効果があります。
また新陳代謝が活発になるので、美肌効果も期待出来ます。

ビタミンc誘導体の扱いで注意すること

ただし気をつけて頂きたいのは、ビタミンc誘導体を使用したからとは言え、必ずしもシミが綺麗に治るとは限らないということです。
ビタミンc誘導体の扱いは非常に難しく、特に敏感肌の方の使用には注意が必要です。
もし使用を希望するのならば、必ずバッチテストを行ってからにして下さい。

生活習慣を見直すことがニキビ跡改善の近道

ただニキビ跡が出来ないようにするには、生活習慣そのものを見直す必要があります。
ビタミンc誘導体を使ってケアをしても生活習慣が改善されなければ、元の木阿弥です。
思春期で出来るニキビの場合は顔の皮脂が多くなっていることが原因となっていますが、大人になってから出来るニキビは生活習慣が原因となっています。

例えば普段から運動をせずゴロゴロと寝転がっているのならば、今日からでも運動を始めるようにしましょう。
ストレスが溜まりっぱなしになっているのならば、思い切って仕事を休んでみるのも良いでしょう。
生活習慣を見直して出来る所から改善すれば、ニキビは出来なくなり美肌になれます。